2015年06月15日

GPD Q9ファームウェア解体2

GPD Q9ファームウェアの解体し、system.imgの変更が出来るようになりました。
使ったOSは、古いknoppix(バージョン忘れた)

でも、そこからが試練でした。
本命を書き換える前に、まずは、GPD系統のG5Aとかで練習しよう!と思い、system.imgまでは、解凍出来たのですが・・・
そのあと、system.imgが展開出来ない。
ubuntu12では、mount出来ても読めるだけで書けない。

色々ググりましたけど、なんかおかしい。

そんなんで時間を潰してしまいました。

分かった事をまとめると、
1,GPD Q9とGPD G5Aのsystem.imgのフォーマットが違う。
2,GPD Q9のsystem.imgをmount -o loop system.imgでマウントした瞬間、バイナリが書き換わる。
  (何も変更しなくても、差分が出たので)

この二つですねー・・・

とくに「2」がなんか気になる・・・

あー先は長そう・・・




2015/06/16 追記
 今回、G5A用に使ったファームウェアは、カスタムファームウェア「LegacyROM_G5A_2.0.rar」内の
 イメージファイルです。

 それで、正規FWのイメージファイルで再度色々とやったところ、簡単にunpack、repack出来ました。
 なんだかねぇ・・・w

 で、どんなカスタム方法で、何をしているのかを、差分を取って確認しております。
 エクセルでw

 アプリを消すだけじゃなく追加等もしていて、あなどれません。

 因みに、目指す最終目標は、Q9用萌えカスタムFWを作成するところにあります。
 萌えとは、たとえば起動ロゴから、ランチャー、壁紙などなど、萌えにして、
 尚且つ使いやすいソフト入りというところです。

 G5Aの起動ロゴでも変えてみようかなぁ・・・。簡単そうだし。

 と、いうか、そろそろTOP絵を描かねば。
posted by Norihide at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | GPD Q9
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/141529835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック