2011年02月07日

iphone同人誌

iphoneで同人誌を作成出来る。 という本「サルにもできる iPhone同人誌の創り方」を買った。 事件はここから始まった。(たいした事件ではないけど) この本を読んだところ、簡単にiPhone用の同人誌が作成出来そうであった。 大まかな手順は以下。 1、開発用のiOS Developer Programに参加。(※有償で年間10800円かかるそうだ) 2、開発用ソフトiOS SDKをダウンロード 3、ソフト開発(レビューソフトは本に付属しているので、基本的に絵だけあれば良い) 4、テスト 5、配信(一般公開) これは面白そうだ!と思い、感化された僕は、昔買ってほったらかしにしていた MAC MINI(CPU:PowerPC G4)を引っ張り出した。 本体は準備OK。キーボードも準備OK。 あれ?マウスがない(笑) 部屋の中を探し回ったけど、ない・・・。しょうがないので、マウスを買いにノジマへ。 数時間後、マウスも準備OKになった。疲れた。 数ヶ月ぶりに本体の電源を入れ、アプリケーション類のアップデートをした。 そして、本に書いてある「iOS Developer Program」に参加手続きをする為、 google先生を使って検索。 iOS Developer Programに登録するためには、まずは「Apple Developer(年会費無料)」に登録が必要らしい。 なので、まずはApple Developerに登録。 いよいよ「iOS SDK」をダウンロード。 よし、実行だ!・・・「あれ?動かん・・・」 何やらエラーが・・・ iOS SDK様が「あぁ、俺の環境は、MAC OS 10.6が必要なんだよ。ボケ」と言われ、インストール出来ない。 僕のOSのバージョンを調べると、10.4。 10.4と10.6の差を見て、Windowsユーザの僕は 「あぁ、アップデートすればすぐ出来るのか」と思った。 が、MAC OSは違った。 「.」の後の数字が違うだけで、メジャーアップデート。いわゆる有料だったのだ。 ま、まぁ、OS買えばいいんだよね。と思い値段等を調べる・・・ するとあるBLOGに残酷な一言が・・・ 「10.6からは、PowerPCを廃止」 えぇぇぇーーー・・・・・ そう。既に僕が持っている、MAC MINIはアップデートしても駄目なマシンに なりさがっていた・・・ あーあ、、、残念。 大事な休日の時間を返せーー! と思った。 でも、まぁ作品(CG集)出来てから、MAC本体の購入を検討しようと 思い直した。 不幸中の幸いは、本に書いてあった「iOS Developer Program」に まだ参加していない事。もし参加していたら10800円ドブに捨てたようなもんだった。 あぶない、あぶない・・・
posted by Norihide at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113944152

この記事へのトラックバック